無添加のなぞ


化粧品には、安全性が求められます。特に最近は敏感肌の方が急増しています。
そのせいか世の中の化粧品には「無添加」という言葉が多用されています。

どうも、一般的に「無添加」=「安全」と考えられているようですが、 本当に無添加化粧品は安全なんでしょうか?
そもそも、「無添加」ってどういう意味なんでしょうか?
無添加とは、読んで字のとおり添加されていない、つまり、「配合されていない」ということです。
だから、「香料無添加化粧品」とか「着色料無添加化粧品」って書いてあれば意味もわかります。香料や着色料が入っていない商品ということです。
でも、多いですよね。「無添加化粧品」としか書かれていない広告や宣伝。

「無添加化粧品」だけ書かれると、何も配合されていない化粧品ということになっています。
「この化粧品は何も配合されてませんよ。」とわざわざ宣伝しているようなものです。

でも、無添加の意味を知らない人は、安全な化粧品と思い込んでしまうんですよね。
以前の「無添加化粧品」と言えば、表示指定成分を配合していないものでした。
だからちゃんとしたメーカーは、「表示指定成分無添加化粧品」と表示していましたが、
「無添加化粧品」としか表示しないところも多くありました。そして、お客さんに聞かれて初めて、「指定成分が無添加です。」と答えるのです。
もしくは、虫眼鏡で見なければ分からないほどの小さな文字で、パンフレットのスミに、「表示指定成分無添加」と書いてあります。今は表示指定成分そのものがなくなり、全成分表示となりました。
どうも、こう言った化粧品メーカーは、「無添加化粧品」と言えば流行りだから売れると勘違いしているようです。
ひどいメーカーになると、わざとお客さんに誤解させるような広告宣伝をしているメーカーもあります。もちろん、こういった事は、薬事法で禁止されています。
なのに、いっこうに減りません。本当に不思議です。

化粧品選びをされる際、「無添加化粧品」という言葉を前面に出して、何が無添加なのか?が分かりにくい、誤解を招く表現を多用しているメーカーは、避けたほうがいいと思います。
本当に化粧品の開発に携わっていれば、こんな宣伝は恥ずかしくてできません。

無添加化粧品=安全ではありません
ある原料が配合されていないだけです。無添加が安全性を保障するわけではありません。
まぎらわしい広告に惑わされないで下さい。